新着情報

研究活動平成25年4月1日 着任、樋山先生の研究室を紹介します! 2013.06.17

平成25年4月1日着任、樋山 恭助 先生の研究室を紹介します。

樋山先生は、大学院理工学研究科情報・デザイン工学系学域建築デザイン工学分野にテニュアトラック准教授として着任されました。常盤キャンパス工学部本館2階の南に面した明るい研究室で、新たな研究がスタートしています。

【樋山先生】

先生の専門分野は室内環境工学で、空気のコントロールをすることで建築物内部の温度や湿度などを制御する研究に取り組まれています。具体的には、空気設備の配置により空気の流れがどう変わるかを、コンピュータ・シミュレーションにより調べます。

また、建物内部に限らず、広域な都市環境も対象とした風環境のシミュレーションにも取り組んでおられます。コンピュータ・シミュレーションによる解析結果は、別の実験室に設置された大型ディスプレイに表示されていました。以前は大型風洞を用いた実験的研究に取り組まれていたこともあったそうです。

山口大学では、独立した研究室と希望により研究設備を整備し、テニュアトラック教員の研究を強力に支援します。

【コンピュータ・シミュレーションの結果が表示されたディスプレイ】                          

 

【空気調和・衛生工学会論文賞の賞状】                                先生は学会で多数の賞を獲得されております。最近のものでは、空気調和・衛生工学会の論文賞があります。

 

 取材後、先生が日本風工学会の出版賞を受賞されたというニュースが入ってきました。これは、先生の著書(末尾注)が、風工学の発展に貢献したことを認められたものです。

【日本風工学会出版賞の賞状】

詳細は、次のURLをご覧ください。

http://www.tenure.jimu.yamaguchi-u.ac.jp/?p=1172

注:Shinsuke Kato and Kyosuke Hiyama “Ventilating Cities ~Air-flow Criteria for Healthy and Comfortable Urban Living ” Springer; 2012 (ISBN-10: 9400727704 , ISBN-13: 978-9400727700 )