新着情報

イベント学長・理事とテニュアトラック教員との懇談会を開催 2016.03.30

 平成28 年1 月28 日(木)、吉田キャンパスで、学長・理事とテニュアトラック教員との懇談会を開催しました。懇談会には岡 正朗 学長をはじめ理事3 名と、テニュアトラック教員8名が参加しました。

 懇談会の目的は学長・理事においては、若手研究者の活動や研究成果を確認することで研究環境の充実やテニュアトラック制度の推進など管理運営につなげるための場とし、テニュアトラック教員においては、学長・理事と直接意見交換できる機会を持つことにより、研究活動を進めるにあたってモチベーションを高めることです。今回で4回目の開催となり、冒頭に、岡学長から「年に1度の機会を楽しみにしていました。様々なデータから若手の先生方の活躍というのは明らかであり、それぞれの分野で先生方の力がいかんなく発揮されることで日本や世界に貢献できると期待しています。懇談では様々な意見を頂いて、大学としてできる支援に取り組みたいと思っています。」と挨拶がありました。次に、テニュアトラック教員による自己紹介・研究内容の説明があり、学長・理事からは、研究の専門的な内容から発展性や社会への還元など多くの質問がありました。テニュアトラック教員として3・4年目の教員に対しては研究環境について質問があり、学生の指導を行う上での工夫や、研究員を雇用することで研究が進むだけでなく学生に対して良い影響があった等の意見がありました。その他にも、セミナーを通じた研究者どうしの繋がりによる共同研究、機器の共同利用、研究の広報など様々な話題が出て大変盛り上がりました。

 この懇談会を通じて、学長・理事においては今後の大学の機能強化を図るうえで若手研究者からの意見を聞ける良い機会となり、テニュアトラック教員にとっては、直接大学執行部と意見交換できる場となり、大変有意義な時間となりました。

出席者の集合写真