新着情報

研究活動西形准教授が、「テニュアトラック普及・定着事業(個人選抜型)」支援対象者に選定! 2013.11.15

大学院理工学研究科(工学)西形孝司准教授(テニュアトラック)が、平成25年度科学技術人材育成費補助事業「テニュアトラック普及・定着事業(個人選抜型)」支援対象者に選定され、11月7日に文部科学省のホームページで発表されました。

個人選抜型とは、機関選抜型で採用されたテニュアトラック教員の中から、特に優秀な若手研究者を選定し、研究資金を上乗せして支援される制度です。今回の選考では、全国の42大学から106名が推薦され、うち21大学30名が選定されました。

山口大学では、昨年度に理工学研究科(理学)上條真准教授(テニュアトラック)がこの個人選抜型に選定されており、2年連続での選定となりました。お二人の研究内容はいずれも有機合成化学分野であり、このことは山口大学における有機合成化学研究の層の厚さを示すものです。

本学では、制度のさらなる普及定着を目指すとともに、テニュアトラック教員への支援体制や環境整備を進めていきます。また、テニュアトラック教員の外部資金獲得等をURA室が支援します。

 

【参考】URA室:http://www.ura.yamaguchi-u.ac.jp/

【文部科学省発表】:http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1340750.htm